鬱病に打ち勝つために必要な知識|ココロの病を完全克服する心得

ウーマン

休養と薬物療法

病院の廊下

鬱病を治すためには、病院で治療を受けたり、家族がサポートしたりすることが重要になります。その理由は、鬱病患者は、自己管理を行なうのが難しいからです。鬱病としっかり向き合って、治療を進めていけば、徐々に回復して元気な状態に戻ることは可能なのです。鬱病治療は、休養と薬物療法の2つを中心に進めていきます。鬱病は、ストレスによって引き起こされてしまいます。そのため、そのストレスがある生活の中から抜け出さないと、回復していくのは難しいのです。ストレスを感じることは人それぞれ異なりますが、仕事や家事、人間関係などでストレスに感じる方が多いです。責任感が強い人の場合は、仕事を休んだり家事を任せたりするのを嫌がる傾向があります。しかし、それでは薬物療法を行なったとしても、治療効果が低くなってしまうのです。そのため、薬物療法と平行してしっかりと休養をとることが重要になるのです。家族が、仕事や家事を休んで欲しいと伝えることによって、鬱病患者の心の負担というのはとても軽くなります。十分な休養をとるためには、家族のサポートが必要不可欠になります。また、入院をするというのも1つの方法です。入院をすれば、必然的に仕事や家事を行なう必要がなくなりますし、症状が安定するまで治療に専念できます。

鬱病は心の病気なのですが、薬を服用して、症状を軽減していくことができます。鬱病治療で使用されている薬は、SSRIやSNRI、三環系抗うつ薬などがあります。SRIとは、セロトニントランスポーターに作用して、セロトニンの量を調節する効果があります。鬱病になってしまうと、1日中不安になるという方が多いですが、SSRIを飲むことでその不安を抑えることができます。SSRIは、吐き気や便秘などの副作用が現れることもありますが、比較的副作用は少ないので安心して服用できます。SSRIは、セロトニンの量を調節する効果がありますが、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方を調節することができます。三環系抗うつ薬は、症状改善に効果的な薬なのですが、アセチルコリンを抑制してしまうので副作用があるので注意しておいたほうが良いです。鬱病に薬は必要ない、と思っている方も多いですが、薬を服用することで情報伝達物質のバランスを整えることができます。バランスが整えば、意欲や活力も自然と出てくるので、治療も進めやすくなるのです。

精神科や心療内科の中には、鬱病の精神療法を行なっているところもあります。精神療法は、1度回復した後の再発や、症状が安定している状態からのぶり返しなどを予防することができます。鬱病患者に多いのが、常にネガティブや否定的な方向で物事を捉えてしまうことです。その思考状態だと、治療にしっかり取り組むことができなかったり、さらに気持ちが落ち込んだりしてしまいます。専門知識を持っている医師と話し合うことによって、考え方を柔軟にしていく、というものです。このように、さまざまな治療を並行して行なうことで、症状を改善していくことができます。