鬱病に打ち勝つために必要な知識|ココロの病を完全克服する心得

ウーマン

最新の検査と治療

病棟

従来の鬱病の診断検査では、チェックシートを使用したり、医師知識や経験に基づいたりして判断していました。しかし、それでは正確に判断するのは難しかったのですが、最新の技術によって数値で診断できるようになったのです。鬱病の新しい検査方法として登場したのが、光トポグラフィー検査です。光トポグラフィー検査とは、光トポグラフィー装置を使用して、血中ヘモグロビン濃度変化を計測して状態を確認するという検査です。光トポグラフィー検査は、体にかかる負担が少ないので、安心して検査を受けることができるのです。また、変化パターンをグラフとして見ることができるので、自分の脳の活動がどのような状態なのかはっきり理解できます。鬱病かどうか診断できるだけではなく、躁鬱病や双極性障害、統合失調症など病気の種類も知ることができます。問診よりもわかりやすく、信頼性が高い検査方法になっているので、鬱病かもしれないと思ったら検査を受けてみると良いでしょう。どの病院でも光トポグラフィー検査を受けられるというわけではないので、病院に行く前に、問い合わせをして確認しておいたほうが良いです。インターネットでも、光トポグラフィー検査ができる病院を調べることができます。

鬱病の治療は薬物療法ですが、薬の副作用が辛い、と感じる人も中にはいます。鬱病の症状と戦いながら、薬の副作用も感じてしまうというのは、とても辛いことです。そんな方におすすめの治療法が、鬱磁気刺激治療です。鬱磁気刺激治療とは、薬物療法とは全く異なる新しい鬱病治療です。鬱磁気刺激治療の内容は、磁気を使って脳に働きかけるというもので、刺激を与えて脳の血流を増やせば低下した機能を元に戻すことができるのです。安全性が高いだけではなく、副作用も少ないので、薬物療法に抵抗がある方でも、治療を受けることができます。